FX

2019年7月15日(月)のリアルトレード実績公開

こんにちは!

FXトレーダーのたつひこです。

7月15日のトレード損益の報告です。

投資手法にはたくさんの種類が存在しますが、ある程度の相場動向が予想できるときに利益を最大化にする手法としてピラミッティングという手法は最適です。

※世界的に有名な投資家の一人ジェシー・リバモアがピラミッティング手法により大きな成功を収めたことは有名な話です。

運用口座:500万円
損益:+42,526円

運用口座:100万円
損益:+16,046円

運用口座:50万円
損益:+11,107円

P.S

・ビジネスの利益とトレードの利益

ビジネスによる利益とは、「現物」や「サービス」を提供することにより
その対価として「お金」と「感謝」を受け取れる。

一方トレードによる利益とは、何かを生み出した対価ではなく
単純に「敗者」のお金が「勝者」へ移動をしているだけ。

トレードというのは本質的には「お金の移動」であり「数字のゲーム」。

誰にも価値を提供しなくても
己のトレードスキルを使って「敗者」からお金を引っ張ってくるという
「お金の力を使いお金を増やす」というかなり特殊な世界である。

ビジネスとトレードの利益の最大の違いは「価値の提供」の有無。

実はこの違いこそがトレードによってメンタルが蝕まれる原因となっている。

勝ち続けて、お金は増え続けるのにも関わらずメンタルがやられてしまうという
不思議な現象がトレードには起こる。

「何も価値を提供せずに稼ぎ続ける」ことで人の心は
「無意識のブレーキ」をかけてしまう。

人は潜在的に「人の役に立つ」ことによって
精神的なバランスを保っていると言われている。

では世界的なトレーダー達はどのようにしてメンタルを保っているのか?

その答えは「トレードの利益を使って価値提供をしている」

いろんな会社を応援(出資)したり多額の寄付をしたりと
トレードと「人の役に立つ」ことをセットで行っている。

トレードによって大きな金額を稼いでも
「価値を生み出し、提供する」ことをセットにすれば潜在意識の中にある「無意識のブレーキ」はかからなくなる。

「価値の提供」はビジネスに限定されるものではなくトレードにも応用が出来る。

「ビジネスとトレード」全く異なる構造や性質を持っているが
双方の異なる部分に非常に大事な答えがある。