FX

2019年7月23日(火)のリアルトレード実績公開

こんにちは!

FXトレーダーのたつひこです。

7月23日のトレード損益の報告です。

投資手法にはたくさんの種類が存在しますが、ある程度の相場動向が予想できるときに利益を最大化にする手法としてピラミッティングという手法は最適です。

※世界的に有名な投資家の一人ジェシー・リバモアがピラミッティング手法により大きな成功を収めたことは有名な話です。

運用口座:500万円
損益:+65,988円

 

運用口座:100万円
損益:+31,954円

運用口座:50万円
損益:+19,624円

P.S

・トレードに対する責任感

勝ちトレードの経験は、まるでマーケットを支配しているような感覚をもたらし
その錯覚こそが連勝を持続させます。

しかしどんなに気持ちが前向きでも、いつかは損失を経験することになるので
損失はトレードをする上で必然的に起こるということを受け入れなければなりません。

マーケットはかなり不規則で、マーケット分析結果は無限に存在するため
どんなに最高の分析力と『勝つ』ことに対する前向きな姿勢を持ってしても負けトレードを阻止することは不可能です。

ここで大事なのが、損失は避けられないということを受け入れること。

損失を受け入れられる姿勢があれば、たとえ負けトレードを経験しても淡々と次のトレードへと進むことが出来ます。

逆に損失を受け入れきれなければ、マーケットが自分の思惑通りの動きをしなかった場合に
精神的苦痛を味わう結果となってしまいます。

副業でトレードをする人の大半が『トレードの負けは自己責任』として考えているが、
実際にトレード結果に完全に責任を取れるレベルに達している副業トレーダーはほとんどいません。

大半の人が『損失は自己責任』と思い込んでいるだけで
現実には自分で出した損失という結果を『マーケットの責任だ』と責任転換をしているのです。

参加時には『希望』『夢』『願望』を託しトレードで負けると『怒り』『不満』『裏切り』を感じます。

自分自身がマーケットというゼロサムゲームに参加していることを自覚し
参加の意思決定は自分自身がしたことを十分に理解する必要があります。

もっと言えば、マーケットは自分に対して何にも手助けはしてくれないということを受け入れる必要があるということです。