FX

ファンダメンタルズ分析とは?

こんにちは!

FXトレーダーのたつ兄です。

FXのトレード手法は大きく分けて2つあります。

テクニカル分析と今回解説するファンダメンタルズ分析です。

FXトレードにおいて為替の動きの基礎となるファンダメンタルズ分析。

重要なトレード手法なのでしっかり抑えておきましょう。

http://international-solution.xyz/archives/379

ファンダメンタルズ分析とは?

まずはじめにファンダメンタルズとは?

「ファンダメンタルズ」とは、各国の経済成長率、物価上昇率、失業率などの経済指標のことです。

為替相場の変動する要因を考える際に使われることが多い言葉です。

このファンダメンタルズによって相場の先行きを予想する分析手法のことを「ファンダメンタルズ分析」と呼びます。

ようは世界情勢や国の経済状況から相場を分析する手法です。

ファンダメンタルズ分析は、為替動向を予想する上で非常に重要なバロメーターになります。

なぜ為替は動くのか?

為替はFX以外にも貿易や海外企業への投資などさまざまな取引で用いられます。

為替動向の理由は需要と供給のバランスによるものです。

そのため為替は国の景気が良い時は高くなり、逆に景気が悪くなると安くなる傾向にあります。

景気以外にも為替動向の要素として挙げられるのは、「政策金利」「失業率」「国内総生産(GDP)」「物価」「地政学的リスク」などの経済状況です。

例えば「アメリカ同時多発テロ」以降の米ドルは、テロの標的がアメリカだったということもあり売りが高まりました。

「リーマンショック」時にも同じく米ドルの売りが高まっています。

日本の例でいえば、「アベノミクス」です。

それまで円高が続いていたので、アベノミクスによって円安に誘導する政策が打たれるのでは?と期待され円の売りが高まりました。

このように世界情勢や経済状況によって為替は常に変動しているのです。

ファンダメンタルズ分析はどういう時に有効か?

ファンダメンタルズ分析をしっかり理解しておくと、ある国の重要な経済指標が発表されることに対して事前に準備することができます。

ここでいう準備とは、為替動向に即座に対応できるようにポジションを決済しておいたり、関連情報を事前に集めたりすること。

発表されること自体を知らなければ、急な為替動向に対応できないといったことになってしまいます。

世界中のプロトレーダー達は、重要な経済指標の発表となると発表時刻などの情報をキャッチすることも踏まえ事前に準備を整えて、その発表に注目しています。

このように為替動向に対して事前準備ができる点は、ファンダメンタルズ分析の特徴です。

しかし為替動向を左右するのは、上記のような重要な経済指標だけではありません。

小さな経済指標でも為替は動いてしまいます。

この小さな経済指標が複数重なり、さらに重なるだけでなく複雑に組み合うため、小さな経済指標で目先の動きを読むことは困難です。

ここがファンダメンタルズ分析の難しいところです。

そのためファンダメンタルズ分析は為替市場を中長期的に見る際に、

大きなトレンドの方向性を読むのにふさわしい分析手法と言われています。