分析手法

ダウ理論について

こんにちは!

FXトレーダーのたつ兄です。

今回は、FX取引をする上で最も重要なテクニカル分析と言われる「ダウ理論」について解説していきたいと思います。

相場を分析する上で基本となる考え方になりますので、ぜひ覚えておきましょう。

ダウ理論とは?

ダウ理論とは、

長年多くのトレーダーに支持されている理論で、テクニカル分析における先駆者の1人であるチャールズ・ダウによって提唱されました。

1851年から1902年までの期間にわたり、チャールズ・ダウが執筆したウォールストリートジャーナルの論説をベースに構築されました。

ダウ理論の原則

ダウ理論はいくつかあります。

その中でも現在の為替市場に有効的な理論をピックアップして解説します。

市場にはトレンドが3種類ある

ダウ理論では、市場は3種類あるとされています。

・主要トレンド(長期トレンド)

1年から数年間までのサイクル。

・二次トレンド(中期トレンド)

10日から3か月間までのサイクル。

・小トレンド(短期トレンド)

数時間から1か月間までのサイクル。

この理論は、短期トレンドは中期トレンドの調整、中期トレンドは長期トレンドの調整をしているため、相場を分析する上で3つのトレンドを把握している必要があるということです。

主要トレンドは3段階に分かれる

・先行期

市場に精通している先行投資家は相場を先読みをして、これから上昇する銘柄を選びポジションを構築。

この段階では相場は上を向いてきますが、大きな動きにはなっていません。

・追随期

市場関係者やプロトレーダーが投資家の動向に気付くと、相場の上昇トレンドが発生。

この流れに乗って多くのトレーダー達が市場に参入してきますので、相場は大きく上昇します。

・利食い期

投資家はトレンドの終焉が近付くにつれて、ポジションを利確。

相場が大きく上昇したことで一般的にも注目を集め、一般の投資家たちが参入してきます。

しかし先行投資家達は、このタイミングで次々と利食いしますので、相場が大きく下落します。

明確な転換シグナルが発生するまでトレンドは継続する

相場は必ず上下に変動します。

そんため相場のトレンドを読むのは困難を伴います。

しかしチャールズ・ダウは、そんな相場でも一定のトレンドが存在すると考え、

上昇トレンドは、「高値/安値の各々がその前の高値/安値よりも上の水準にあるもの」

下降トレンドは、「高値/安値の各々がその前の高値/安値よりも下の水準にあるもの」

上昇トレンド終了は、「高値/安値の各々がその前の高値/安値よりも上の水準にないもの」

下降トレンド終了は、「高値/安値の各々がその前の高値/安値よりも下の水準にないもの」

と定義しました。

トレンド発生と転換シグナルを明確化させた大変重要な理論です。

相場の基本は、トレンドを把握して利益をどれだけ膨らませれるかがポイントになります。

この理論は、重要な局面での大きな判断材料となります。