プロフィール

たつ兄のプロフィール

チャラ男全盛期

高校時代に「オレンジデイズ」というドラマに影響を受け、大学生活に憧れる。

学力では、合格できる大学が全くなかったため入学試験が面接のみのAO入試という試験に挑み見事合格。

入学したは良いものの、遊びたいという目的で入学したため授業には全く出席せず、毎週のようにコンパを開催して遊び呆ける。

毎週のようにコンパを開催していたため、仲間もどんどん増えていき挙句の果てにはコンパサークルを作るまでに。

しかし入学から半年が経ったある日、単位が一つも取れていないことに気付く。

暗黒時代

この生活を続けても、卒業できずに留年することが見えていたため気持ちを切り替えようと一念発起して、遊びはほどほどにして真面目に大学の授業を受けることに。

しかし意志の弱さから、そんな気持ちは長く続かずに結局入学から1年が経とうとしているタイミングで大学を中退。

中退後は、このままでは大学に行かせてくれた親に顔向け出来ないという思いから、高校時代から続けていたピザのデリバリーのアルバイトと深夜のコンビニのレジ打ちのアルバイトを兼業して身を粉にして働く。

働き続ける中で、将来の夢もやりたいこともない現状から虚無感に襲われる毎日。

転機

寝る間も惜しんで働いた給料は手取りで12万円。

さらに当時付き合っていた彼女に同棲を迫まれ、全くお金がない状態に追い打ちをかけるように始めた同棲生活。

このままアルバイトを続けていたら、近いうちにお金がショートしてしまうと気付く。

そこでハローワークに行き、正社員の求人を探してみることに。

無数にある求人募集の中から、学歴不問、土日休み、実働8時間、給与25万+インセンティブと書かれた求人票を見つける。

朝から晩まで週6~7で働いている現状からは考えられない驚愕の条件に興奮を隠しきれず、急ぎ足で求人票も持ってハローワークの面接官のもとへ。

すると1週間後にその会社の面接を取り付けてもらうことになる。

1週間後に着慣れないスーツに身を包み、おそるおそる面接に行くとまさかの即採用。

そんな初社会人としての仕事は、投資用の分譲マンションを売買する不動産会社の営業。

大金を手に

不動産のことなどもちろん無知だったが、2,3日の簡単な研修を受けて即営業の実践へ。

業務内容は、上場企業や病院に対して投資用の分譲マンションを買いませんか?という営業の電話をひたすらかけ続けるというもの。

面接前は給料25万円に胸を躍らせていたが、面接時に基本給とは別に契約1件につきインセンティブが30~70万円発生することを伝えられ、入社と同時にそんな大金欲しさから業務に本気で取り組む。

入社から1か月たったある日、いつも通り朝から電話をかけ続けていると上場企業に勤める40代の男性が僕の話に興味を示してくれて、後日直接会って話を聞いてもらえることに。

そして当日、直属の上司が同席のもと商談を進めていると、その方から契約したいと言われ全く状況が読めないまま無事契約に。

しかも契約件数は本人が2件と、同じく上場企業に勤める息子も1件というもの。

なんと初契約が3件まとめての契約に。

おかげで入社から2か月目の給料は基本給とインセンティブを含めて250万円。

2か月前まで手取り12万だった給料が、約20倍に跳ね上がり今まで手にしたことのないお金が懐に入ることに。

そのお金を頭金に車を購入したり、飲み屋で遊んだりと1か月でもらった給料は全額使い切った。

突然の報告

そんな初契約から3年が経ち、変わらず不動産を売り続ける毎日。

そんなある日、初契約をしてくれたお客さんから1件のメールが。

メールの内容は、先日自己破産をしたためマンションを手放したといった内容。

しかし物件の収支は特に問題なかったはず。

そこで自己破産の理由を聞いてみると、どうやら所有していた物件を担保にいろんな金融機関から借金をしていたとのこと。

もちろん直接的な被害を与えたのは僕ではなかったが、きっかけを作ってしまったのは僕だったのかもしれない。

このことをきっかけに僕は、自らの意思で不動産業から退くことに。

起業

不動産業を辞めたあとは、不動産業で培った営業スキルを活かすために友達と一緒に営業会社を立ち上げる。

もちろん最初から上手くいくわけなく、入社しては数日で辞めていく社員達、全く上がらない契約件数、給料が払えないため消費者金融からの借金まみれと悲惨な状況が2年程続いた。

※紆余曲折あったが、現在なんとか売り上げは右肩上がりで伸びていて社員も定着している状態が続いている。

投資との出会い

会社の起業から2年程経ったある日、知り合いを通じて仮想通貨のICOに投資をしてみないか誘われる。

仮想通貨の将来性や仕組みが面白く、お金を投資してみることに。

結果は投資した100万円が最終的に2万円になり大失敗に終わる。

しかし結果はどうあれ投資というものに初めて挑戦したことで、僕の中で新たな世界の扉が開いたような気がした。

実働ではなく、お金に働いてもらうという世界に魅力を感じた。

そこで同じく仮想通貨のBitcoinを使ったFXをやってみることに。

もちろん初めて挑戦するFXは、負け続きで思うような結果は出なかった。

しかし過去には2日で70万円もの利益が出たことも。

このBitcoinFXは僕がFXというものに触れるきっかけになったので、損失を出したがそれも大きな財産だと思っている。

為替の世界

Bitcoinの市場規模はまだまだ小さく、機関投資家による市場操作など外的要因での相場動向を僕の知識や経験では読むことが出来ずに日々悩んでいた。

そんな時に為替のFXに出会う。

為替市場の歴史の深さや、安定性に魅了されBitcoinFXをやめて為替のFXに移行することに。

しかし自分の会社の業務の片手間でFXのトレードスキルを磨くことは非常に難しく、そんなに甘い世界ではない。

そこで知り合いに勧められた自動売買システムを導入してみることに。

もちろん半信半疑ではあったが、結果的にかなりの利益を得ることに。

この結果を受けて、FXの自動売買というツールに興味を持ち始める。

色々と調べてみると、当たり前だが良いものもあれば悪いものもたくさんある。

実際に僕が使っていた自動売買システムは長年コンスタントに利益を出し続けていたが、証券会社からめちゃくちゃな規制をかけられた。

この結果一つの答えに行き着く。

FXの自動売買システムは水物だということ。

時間との戦いであると同時に良い自動売買システムを常に発掘し続ける必要がある。

一言に発掘と言っても良いものと悪いものの判断は、実際にお金を入れて回してみないとわからないのが現状。

サイト作成の理由

そこで僕は身銭を切って実際に検証することに。

しかし僕個人が検証するだけでは面白くないので、検証結果や検証する過程をいろんな方と共有するのはもちろん、そこでは有益な情報のみが四方八方から発信されるといったコミュニティサロンがあってはどうかという考えに。

情報を共有しあうことで悪質な情報商材やツール、ICOなど色々な詐欺にあった被害者を減らすことも可能に。

僕自身はツールでの販売利益ではなくて同じ思いで同じ理想を共有できるコミュニティ内で、本当の本物の情報を扱いサロン内で徹底検証していき本当に成果がでたものを皆で共有していく。

まずはそのためにライブ配信でありのままをお見せします。

イメージしてみてください。

実際にリアルなお金を稼ぐことができ、サロン内には検証後に確実な情報が舞い込んでくる。

そんなサロンがあったらどんな未来がまっているのか?

どんな最高の未来にかわるか?

あなたのライフスタイルはどうなる?