税金

FXの税金について

こんにちは!

FXトレーダーのたつ兄です。

今回はFX取引をする上で、とても大事な税金について解説していきたいと思います。

FXの税金

FXで得た所得は「先物取引にかかわる雑所得等」としての課税対象となります。

FXは株とは異なり源泉徴収される仕組みがないため、自身で確定申告をして税金を納める必要があります。

課税対象者

・「給与所得があり、別途FXによる所得が年間で20万円以上ある方」

・「給与所得がなく、FXによる所得が年間で38万円以上ある方」

年間収支がマイナス

FXの成績が年間通してマイナスだった場合も確定申告をすることをおすすめします。

損失の確定申告をすることで、翌年以降に出た所得と相殺することが可能です。

そのため翌年以降の節税ができるのです。

税率

税率は一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)です。

FXによる所得が年間で100万円の場合、100万円のうち20.315%の20万3150円が税金となります。

FXによる所得とは、「FXによる利益」-「FXにかかった経費」=「FXによる所得」となります。

FXによる利益の算出方法

「為替差益」+「スワップポイント」=「FXによる利益」

もちろんポジションを決済していなければ課税対象にはなりません。

FXの必要経費(例)

・FX専用のパソコン購入費(10万円を超える場合は、減価償却の対象となるため一括での経費計上は出来ないことがある)

・FX専用のモニターやタブレット

・インターネットの通信費

・EAの購入費

・セミナーや会員費

・書籍や情報商材費

・FXの取引手数料(スプレッド)、、、

必要経費は領収書やFX専用といった証明書が必要となるケースが多いため、保管しておきましょう。