FX

FXの仕組みや専門用語を解説

こんにちは!

FXトレーダーのたつ兄です。

今回はFX初心者の方でも理解できる”FXの仕組み”や”FXの専門用語”を解説していきたいと思います。

ちなみにFXとは、「Foreign Exchange」の略で、直訳すると「外貨交換」です。

日本語の正式名称は「外国為替証拠金取引」といいます。

それではまずFXの仕組みについて説明していきたいと思います。

FXの仕組み

皆さんは、FXという投資にどういったイメージをお持ちでしょうか?

難しそうといったイメージをお持ちではありませんか?

しかし意外かと思いになるかもしれませんが

FXの仕組みは実に単純明快なんです。

よくニュース番組でアナウンサーが「本日の為替市場は1ドルあたり111円10銭で取引されています」などと言っているのを耳にします。

この文章をわかりやすく変換すると「本日、1ドルを111円で日本円と交換することができます」ということです。

アナウンサーは日本円とドルの交換レートを伝えているのです。

しかしここで疑問が生じます。

なぜ毎日為替のニュースが報道されるのか?

その答えは単純に、

世界各国が発行する通貨の価値(レート)は常に変動しているからです。

例えば、海外旅行に”行く時”と”帰ってきた時”で通貨を両替するとその時のレートによって金額が異なります。

出国時は1ドル120円だったのに帰国時に両替をすると1ドル110円になっていたりと

FXとは、その為替レート(通貨の価値)の差額で儲けを狙うという取引なのです。

上の海外旅行の例でいうと

「出国時1ドル120円」-「帰国時1ドル110円」=10円

この差額の10円が儲けになります。

この儲けのことをFXでは、「為替差益」といいます。

もちろん逆もしかりで

「出国時1ドル110円」-「帰国時1ドル120円」=-10円

この場合は10円の損失になります。

この単純な仕組みこそがFXなのです。

為替相場の仕組み

FXの仕組みが理解できたら、次はFXの”相場”の仕組みです。

投資や金融の世界では、相場の値動きの本質は「人間心理」にあるとよく言われます。

為替市場において常に為替レート(通貨の価値)は変動するということは、先ほど述べました。

しかしなぜ為替レート(通貨の価値)は変動するのでしょうか?

結論から言うとそれは「投資家の集団心理」が働いているからなのです。

もう少しわかりやすく言うと、

為替レートの変動はその通貨に対する”需要”によって決まっています。

その通貨に対する需要とは?

1、ドルを買いたい人→ドル高:ドルの価値を上げる

2、ドルを売りたい人→ドル安:ドルの価値を下げる

3、円を買いたい人→円高:円の価値を上げる

4、円を売りたい人→円安:円の価値を下げる

例えば1の数が増えれば、ドル高が進みますし、4の数が増えれば円安が進みます。

為替レートは、この「投資家の集団心理」「通貨の需要」によって日々変動しているのです。

FXの専門用語を解説

FXには多くの専門用語があります。

もちろん全てを覚える必要はなく、最低限の用語を理解するだけで取引が可能です。

通貨ペア

通貨ペアとは、通貨と通貨の組み合わせのことです。

上記の「FXの仕組み」での例であれば、

「本日の為替市場は1ドルあたり111円10銭で取引されています」この文章は日本円とドルの交換レートを伝えています。

日本円とドルの交換レート=ドルと日本円の組み合わせ=通過ペア

通貨と通貨の組み合わせのことを通過ペアと呼びます。

通貨ペアの表記は、日本円と米ドルであれば「USD/JPY」のように英語で表記されることが多いです。

ポジション

ポジションとは、取引開始後の「取引中」の状態を指します。

「買い」で入ると「買いポジション」、「売り」で入ると「売りポジション」といいます。

「USD」の取引の例でいえば、「USDを買いポジションで保有している」=「USDを買いで取引開始して、現在も取引中の状態」といったところです。

ついでに覚えてもらいたいのが、「ロング」と「ショート」です。

ロングは「買い」、ショートは「売り」という意味です。

上記の例でいえば「USDを買いポジションで保有している」=「USDをロングポジションで保有している」となります。

トレンド

トレンドとは、相場の流れのことです。

相場の流れが上向きであれば「上昇トレンド」、相場の流れが下向きであれば「下降トレンド」といいます。

相場が上にも下にもいかないトレンドは「横ばい」といいます。

レバレッジ

FXの専門用語の中でおそらく一番耳にする言葉かと思います。

レバレッジとは「てこの原理」のことです。

「てこの原理」とは小さな力で大きな力を生み出すという意味で、これをFXに置き換えると「小さな金額で大きな金額を動かす」という意味になります。

つまり、レバレッジを使えば手持ち資金よりも大きな金額で取引をすることが可能になります。

レバレッジはFXの最大の特徴といえます。

通常であれば手持ち資金が5万円なら5万円の取引しかできないところ、レバレッジを10倍に設定しておくと5万円の10倍、50万円の取引が可能になります。

このように少額の資金でも大きな金額を動かせるのがレバレッジの魅力です。

スプレッド

スプレッドとは、簡単にいうと「取引をする上で掛かる手数料」です。

FXでは通貨を買った値段(買値)と売った値段(売値)が微妙に違います。

この買値と売値の差額をスプレッドと呼びます。

この差額がFX会社の利益となり、取引をする上でFX会社に支払う実質的な手数料となります。

例えば1ドルを”買う時”は101円、”売る時”は100円とします。

「101円」-「100円」=1円

この差額の1円のことをスプレッドと言います。

つまり1円が取引手数料です。

FX取引サイト上では、買値が「Ask」売値が「Bid」と表記されていますので、こちらも覚えておきましょう。

pips

FXでは全通貨ペアで共通の単位として、「pips」というものがあります。

pipsは、最小通貨単位の100分1の単位です。

例えば、日本円の場合は、最小通貨単位は「円」です。

1円の100分の1は0.01円です。

0.01円=1pipsとなります。

アメリカの通貨であれば、最小通貨単位は「セント」です。

1セントの100分の1は、0.01セントとなります。

しかしFXではセントの表記はなく、ドル表記になるためこの0.01セントはドルに変換すると0.0001ドルとなります。

0.0001ドル=1pipsというわけです。

少し難しいですが、FXの取引をしていく過程で慣れていくのでご安心を。

スワップポイント

FXは2つの国の通貨ペアで取引を行います。

スワップポイントとは通貨ペアである2つの国の金利差のことです。

FXで得られる利益には2パターンあります。

上記で説明した為替変動の差額で「為替差益」と「スワップポイント」です。

通貨を発行している国ごとに金利(政策金利)が決められていることはご存知かと思います。

FXでは2つの国の通貨ペアを売買する際に生じる金利差(スワップポイント)に応じて収入を得ることもできるのです。

例えば、アベノミクスやマイナス金利などの低金利政策を行っている日本の金利は0.10%ですが、オーストラリアの金利は2.25%です。

この2国間には金利差は2.15%あり、この2国間で取引をすると

「豪ドル/円を1万ドル買う」=「金利差は2.15%」

この2国間の場合、金利差2.15%分の通貨(1日約50円程)を受け取ることができます。

基本的には、取引中であれば黙っていてもスワップポイントは毎日付与されますので、ちょっとしたお小遣いのようなものです。

注意点としては低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買うとスワップポイントは利益になりますが、逆に高金利の通貨を売って、低金利の通貨を買うと損失になります。

取引証拠金

取引証拠金とは、FX会社に預ける担保金のことです

取引証拠金を預けないと、取引を開始させてくれません。

FXではこの取引証拠金の範囲内で取引していくことになります。

簡単にいうとFX会社の口座に入金している金額のことです。

証拠金維持率

証拠金維持率とは、実際の取引に対しての取引証拠金が占める割合のことをいいます

証拠金維持率を算出する計算式は

残高(取引証拠金-取引金額)÷取引金額×100=証拠金維持率

例)

取引証拠金:100,000円

取引金額:50,000円

50,000円(100,000円-50,000円)÷50,000円×100=100

証拠金維持率100%

ロスカット

為替が予測通りに動くことで利益が生まれる反面、予測とは反対に動いてしまった場合は損失を出す恐れがあるのがFXです。

ロスカットとは、証拠金維持率が一定のラインを下回ったときに、自動的に強制決済をする仕組みのことです。

ロスカットされる水準はFX会社によって異なりますが、大抵のFX会社は証拠金維持率が50%以下もしくは100%以下に設定されています。

設定されている水準を証拠金維持率が下回るとロスカット(強制決済)が執行されます。

ロスカットは大事な資産を守るための重要な仕組みです。

損切り

FXはポジション(取引中)を持っているだけでは、利益が出ていても損失が出ていても、決済をしない限りは口座の金額は変わりません。

利益が出ている状態で決済をすることを「利確(利益確定)」と呼びます。

逆に損失が出ている状態で決済をすることを「損切り」と呼びます。

損切りとは、損失額を確定することです。

FXで大損をしてしまう人は大抵がこの「損切り」に踏み込めない人です。

FXを始めたばかりの人は、大きな含み損(取引中の損失)を抱えているにも関わらず、時間が経てば取り返せるかもしれないと考えてしまいます。

損切りできずにさらに含み損(取引中の損失)を増やし結果的に強制ロスカットされてしまうといったケースは非常に多いです。

FXは自分との戦いです。

証拠金維持率と相談しながら、潔く損切りをしましょう。